HOME>トピックス>リン脂質を認知症の予防と改善に役立てよう

目次

健康菜脳のために足りない栄養素を補おう

女性

現代の高齢化社会において、認知症は見逃せない社会問題になっています。残念なことに、一度認知症を発症してしまうと完治させることは非常に困難といわれています。しかし、日頃から脳に必要とされる有効成分を摂取することで、認知症のリスクを軽減させることができます。脳を有効に働かせるためには、さまざまな栄養素の供給が必要ですが、中でもプラズマローゲンは脳の知的健康を保つ上でとても重要な成分です。認知機能に支障がある場合には、このプラズマローゲンの減少が明らかに見てとれます。脳の健康を維持し認知能力の衰えを予防するには、減ってしまったプラズマローゲンをサプリなどで補うことが有効になります。

高齢者だけでなく若い人にも有効です

サプリ

アルツハイマー型認知症の原因ともいわれるアミロイドβタンパク質は、加齢と共に徐々に脳に蓄積されていきます。それらが脳内に凝集し沈着すると、アルツマハイマー型認知症特有の症状があらわれやすくなります。プラズマローゲンにはアミロイドβタンパク質の蓄積を抑制する特徴があるため、アルツハーマーの予防や改善に役立ちます。また高齢者だけでなく、若い人のストレスからくる一時的な認知機能の衰えにもプラズマローゲンはとても有効です。「休養をとっても気分がスッキリしない」「疲れてボーッとしてしまう」などという時にはプラズマローゲンのサプリを積極的に取り入れてみましょう。健康な脳を保つために足りない栄養をサプリで補って、生き生きとした暮らしを手にいれましょう。

広告募集中